助産師に関連する法律と助産師会について

助産師について深いところまで掘り下げて見よう

助産師に関連する法律と助産師会について

助産師の国家試験に合格していなければ、助産師として仕事をする ことはできませんし、助産師を名乗ることもできません。 助産師に関連する法律は<保健師助産師看護師法>によって定めら れています。

保健師助産師看護師法の助産師の定義は「厚生労働大臣の発行する 免許を取得した上で、助産行為や産婦および新生児の保健指導を 行う事のできる女子を指す」となっています。

ここでは、「助産師に関連する法律」と「助産師会」について 解説いたしましょう。

以前は<保健婦助産婦看護婦法>という名称でしたが2002(平成14)年 の法改正により<保健師助産師看護師法>という名称に変更されました。 同時に助産婦は助産師に名称が変更されました。

しかしながら男性助産師の導入は実現せず現在も助産師に男性は いません。助産師は「女性のみに与えられる資格」になっています。

「産婆」というネーミングから始まった助産師の制度は、 江戸時代からさまざまなプロセスを経由して現在の制度に変化して きました。

それと同時に助産師の地位向上もしてきたと思います。 「看護師よりも助産師のほうが格が上である」というイメージを 持った人も多いようです。 助産師の地位向上は一般に浸透しつつあるのではないでしょうか。

次に助産師会についてご説明いたしましょう。

助産師会は助産師を普及するために活動を行っている団体のことを 指します。「助産師についての知識などを広める」「雇用のサポート をおこなう」……など様々なことをしている団体です。

助産師を目指しているならば助産師会に入会すると、より一層自分に あった職場を見つけることが期待できます。 助産師会に入りたい場合の条件は支部によって違うので、 あなたの地域の支部がどうなっているのかをキチンとチェック
しましょう。

基本的には申し込み手続きをすれば、助産師会に入会できるでしょう。 「入会金」「会費」を支払わなければならないことがありますので 料金的な面もしっかりと確認しておきたいです。

助産師会に入会するメリットは「助産師に関する情報をいろいろと 得ることができる」ことです。通常では得られないことも情報が 多いので助産師を考えている方にはおすすめです。

以上、「助産師に関連する法律」と「助産師会」について解説いたし ました。