助産師外来のメリットはどこにあるのか?

助産師さんの方が話しやすいことも多いよね

助産師外来のメリットはどこにあるのか?

これまでは医師が行ってきた妊婦検診を転職した助産師が行うことを<助産師外来>と呼んでいます。

妊婦検診とは妊娠週数に合わせて定期的に行う外来診察で「妊娠中の 母胎に異常はないか」とか「胎内の赤ちゃんの成長は順調かどうか」 を確認します。

以前は病院で名前を呼ばれ診察室に入れば医師が待っているのが 一般的なシーンでした。けれども助産師外来では医師に変わって 助産師が新婦さんを診察します。

このことはこれまでの医療現場から見ると画期的な変化と言って よいでしょう。今回は、助産師外来のメリットはどこにあるのか?に 迫ってみましょう。

1番目は、近頃減少傾向にある産婦人科医の不足を補うことができる ことです。

2番目は、妊婦さんが助産師とリラックスした雰囲気の中で妊娠や 出産を楽しい気持ちで受け入れることができることです。

3番目は、病院というバックアップがある中で助産師は安心して 自分が持っている知識やスキルを発揮できることです。

「助産師の新しい活躍の場」「助産師の新しいやりがい」として 助産師外来は脚光を浴びています。なぜならば助産師は独立して 開院することが公式に認められています。

しかしながら、実際に開業している助産師は全体の10%にも満たなく 大部分は病院やクリニックや診療所で勤務しているのです。

助産師外来は「最新の医療機器を使用し不測の事態があっても 医師と連携がとれる」という安心感があるので病院勤務のメリット を最大限に活かせます。

これまで以上に助産師としての力を発揮できる理想的な業務です。

病院によって助産師外来で助産師ができることは違います。 基本的には「エコー(超音波)による胎児の身長・体重の測定」 「尿検査」「保健指導」が中心になります。

また、お産に対する不安や「こんなお産がしたい」というバース プランのアドバイスもします。

以上、助産師外来のメリットはどこにあるのか?に迫ってみました。 どんなことでも相談できる助産師と、さらに専門知識やスキルを 持っている医師の両面から妊娠・出産をサポートしてくれる 助産師外来はとても心強い最強の体制です。