看護師と助産師の相違点

看護師と助産師の大きな違いとは?

看護師と助産師の相違点

看護師は看護師国家試験に合格して看護免許を得ることができます。一方の助産師は看護師の有資格者が、さらに指定された養成機関で1年以上の教育と実習を経験したあとに、助産師国家試験に合格しなければなりません。

この免許の違いが看護師と助産師の大きく異なる部分です。 ここでは、看護師と助産師の相違点を具体的にご紹介いたしましょう。

助産師の教育制度には幾つかの道筋がありますが助産師指定養成 学校の認可を取得している看護大学の中には、「卒業すると同時に 看護師と助産師の2つの国家試験を同じ時期に受験できるカリキュラム」 を導入している教育機関もあります。

業務面でみた違いは、正常分娩に限るのですが助産師は出産を 助けて子どもをとりあげる助産行為が医師の指示なしで行えますが、 看護師は医師の指示があっても助産行為は認められていないことです。

さらに助産師は助産師養成カリキュラムの中で「助産管理」 「地域の母子保健」のような保健指導的要素も学んでいます。 広く社会に対しての「健康診断」「家族計画」「保健指導」 「妊娠指導」「妊娠管理」を実施できます。

欧米では医薬分業が進んでおり看護師が独立開業して「投薬」「注射」 「ガーゼ交換」など看護業務に特化して実施する施設を開設できます。 しかしながら日本では看護師の独立開業は認められていません。

ですが助産師免許があれば自分で<助産院>を独立開業できるところ も大きな相違点です。

一般病院で勤務する場合、産科外来や産科病棟では業務内容の違い はあります。看護師も助産師も勤務することができますが助産師資格 を持っている人が優先的に配置されます。

また一般看護師が「外科」や「内科」などのセクションへの異動が ありますが、助産師は特殊性がありますのでほとんど異動はないでしょう。

以上、看護師と助産師の相違点を具体的にご紹介いたしました。

少子化が進んでいる世の中ですから出産数自体が減少しており産科 だけの病院は少なくなり<産婦人科>になっているところが大部分です。 産婦人科で勤務する場合は出産のみならず、いろいろな婦人科疾患の 人たちも来院されます。助産師も看護師としてのスキルや知識が 要求され業務についても看護師と変わることはないでしょう。