助産師の簡単な歴史とその仕事内容について

女性の活躍が目覚ましい助産師について

助産師の簡単な歴史とその仕事内容について

かつて助産師は助産婦や「産婆さん」と呼ばれており出産を控えた 妊婦を助ける仕事をしていました。ここでは、助産師の簡単な歴史と その仕事内容についてご紹介いたしましょう。

明治中期までは特に資格がなくても産婆として自由に活動できる 世の中でした。けれども1899(明治32)年に母子保健の安全確保の ために「産婆規制」と「名簿登録規則」が発布されました。

これによって産婆として免許が与えられたのは一定水準のスキルと 知識がある人物だけに限られました。これが現在の助産師の原型となる ものです。

これ以後100年以上の年月をかけて「地位向上」「法律の整備」 「社会のニーズへの対応」などいろいろな変遷を経て産婆から助産婦 に変わりました。

2002(平成14)年には保健師助産師看護師法の適用によって「助産師」 という名前で呼ばれるようになったのです。看護師や保健師は男性の 資格取得が認められましたが助産師は女性のみが取得できる資格に なっています。

助産師の仕事は「出産に立ち会い、赤ちゃんを無事に取り上げること」 という認識がありますが、実際にはそれだけではありません。 「妊婦」「出産を終えたばかりの女性」「新生児」の保健指導を おこなう重要な役割があります。

具体的には「妊婦の健康管理」「妊娠中の食事」「運動などの生活 指導」「分娩」です。そして出産後も「母親の体調管理」「母乳指導」 「乳児指導」一連の流れを管理・指導します。

妊婦だけでなく産前教育を通じて「親になること」「妊娠・出産すると いうこと」の知識を教え家族計画指導を行うことも大切な役割です。

産婦人科医には男性医師がいますが助産師は男性の資格取得が許され ていません。それは助産師が医師以上に妊産婦の生活に密着して医学的 な知識を持った上で<女性目線での>アドバイスをくれ相談にのって くれる役割が大きいからでもあります。

以上、助産師の簡単な歴史とその仕事内容についてご紹介いたしました。 単独で「助産院」を開院することが助産師には認められています。

しかしながら日本の法律では「助産師が医師の指示なしに行える行為 は正常な分娩の介助」と定められています。 「異常を発見した場合」「正常分娩ができそうにない場合」は医師の 指示の下で安全な出産が行えるように連携をしなければなりません。