助産師求人サイトでキャリアアップを図ろう!

助産師になるための近道とは?

助産師求人サイトでキャリアアップを図ろう!



看護師から助産師へキャリアアップを目指す場合、やはり助産師資格の 取得が大きな目標となります。助産師資格の取得のためには、看護師資格が 必須となっているため、看護師は他のどのような職種の方よりも、 助産師への最短距離を進むことができます。

では、助産師になるには具体的に、どのような道を選択する必要があるの でしょうか?ちなみに助産師求人サイトは以下のサイトが参考になります。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

助産師になるには、看護系の短大・大学または看護専門学校を卒業後、 看護師国家試験に合格して資格を有した後、更に指定された助産師養成校で 一年以上、専門教育を受ける必要があります。

この一年間で助産師に必要な知識を得て、臨床実習で助産行為に必要な技術 を習得することで、ようやく「助産師国家資格」受験資格が与えられます。

また、一部の認可を受けた4年制看護大学や専門学校では、看護師養成課程の 中に助産師養成のためのカリキュラムが組まれており、そういった学校で 学んだ方の場合は、看護大学・看護専門校の課程を修了することで、 看護師と同時に助産師の国家試験受験資格を得ることが可能です。

なお、看護師や産婦人科医には男性もなることが可能ですが、 助産師に限っては資格取得が女性に限定されています。

このように助産師への道は厳しいものとなっていますが、実は助産師国家 試験の受験資格を得るための「助産師養成校」への入学が、特に大きな ハードルとなると言われています。

助産師養成校は、看護学校と比較しても数が少なく、定員も少数となって います。そのため、助産師養成校の競争倍率は大変高く、国家試験に合格 するよりも、助産師養成校へ合格する方が難しいとすら言われます。

しかしながら、この厳しい競争倍率を勝ち抜き、助産師養成校への入学が 叶えば、助産師への道は拓かれたも同然という見方もあります。 とはいっても、助産師養成校のカリキュラムは大変過密で厳しいため、 真剣に授業を受け技術を習得する努力が必要となります。

現在、助産師養成校でのカリキュラムを修了した方の助産師国家試験の 合格率は90%以上となっていますが、これは助産師養成校に入学する方の 志の高さが反映したものだと言えるでしょう。

助産師の方の今後の可能性について

助産師の仕事は妊婦の方の出産を助ける事が主な仕事内容ですが、最近は時代の流れに伴い、徐々に仕事の内容にも変化が 生じつつあります。その大きな元になっているのが少子高齢化です。段々と若い方の人口が少なくなっており、出産をする 妊婦の方の人数も徐々にですが減少傾向にあります。

こうした状況の中で助産師の仕事も減っていくのではと思われがち ですが、助産師が最近行う仕事は出産時のサポートだけではありません。

高齢化に伴い最近増えているのが核家族です。核家族は夫婦だけか、夫婦と子供だけで構成される家族の事を指しますが、 こうした核家族の方は子供の世話にあまり慣れていません。

子供の世話を初めてするのにどうしていけば良いか分からない という方も多く、子供の世話の指導ができる方が必要とされています。助産師の方はこの子供の世話や子育てのアドバイスが 行えるという方は多いため、将来的にはこうした子育て支援のような道もあります。

また、出生率が低下しているという事は、そのままにしておけばどんどん出産される子供が少なくなってしまいます。それを 問題視する動きも出ており、助産師はこのような出生率を高めるために社会に積極的に働きかけていくという役割を担う可能性 もあります。

出産を直接仕事としている助産師の方はこうした少子高齢化に危機感を持ちやすい環境にあると言えます。そう した実体験を元にして社会に働きかけていく事で出生率を向上させるきっかけにしてもらう事ができます。

また、現状はまだ助産師の数は人手不足の状態が続いています。産婦人科自体が徐々に少なくなっているとは言え、助産師の 方自身も結婚や出産などで仕事を離れるという方もいます。そのため看護師と同様に助産師も人の入れ替わりが比較的早い 業界です。

これから助産師になりたいと考えている方は仕事に就けるチャンスは十分にあるため、取得したけれど仕事がない のではと悲観的にならずに勉強や転職活動などに取り組んでいきましょう。

助産師の収入と福利厚生などの待遇

助産師の方は仕事に対して使命感を持っている方も多くいます。女性特有のイベントである出産は、自分が出産の時に苦労 したのでその手助けをしたいという方や、赤ちゃんの誕生という素晴らしいタイミングの時間を共有できるのが嬉しく、 やりがいに繋がるという方もいます。

こうした使命感や仕事に対する積極的な姿勢は助産師の方に必要なものですが、やはり 収入や待遇面などの条件も大切なポイントになるため、必ずチェックしておく必要があります。

特に助産師の仕事は看護師と同様、忙しくなりやすい仕事です。現場となる産婦人科では赤ちゃんの出産を控えた妊婦の方が 入院していますが、陣痛がいつくるかというタイミングは最後は読みにくい所があり、急な呼び出しで出産の介助を行う必要が 生じる事も多いです。

出産には時間が必要になる事も多く、その場合は夜でも仕事をする必要が出てきます。もちろん残業として 時間が長引く事もあります。こうした事は助産師として仕事をする以上必ずあると思っておきましょう。

収入面では助産師の収入は月収では25万円から35万円ほどの間となっています。年収ベースでは500万円から600万円ほどと なっており、一般的な職種と比べるとやはり専門的な職種でもあるので高収入となっています。

看護師も高収入になりやすい 仕事ですが、助産師の場合はさらに専門性が高い事と仕事に就ける方が少ないため、看護師よりも高くなる傾向にあります。 職場などによっても条件面は異なるため、納得のいく条件で働けるかは確認しておきましょう。

また、大きな病院の産婦人科の場合は福利厚生がしっかりと整っているという事が大きなメリットになります。単身の方は 寮があり、病院の近くに住んで生活する事もできますし、賞与も安定した額が期待できます。

また、家庭や育児があるという 方も病院内に託児所などが設けられている病院もあり、なるべく働きやすいように配慮されています。助産師の仕事を検討 するばあいはまずはこうした収入面や待遇なども総合的に判断した上で、仕事をするかを検討しましょう。